MENU

20代や30代で抜け毛が増える原因

年齢を重ねてから抜け毛が増えるのはごく自然な現象です。年齢を重ねると頭皮や毛母細胞の老化が起こり、抜け毛や薄毛が気になるようになります。

 

しかし、20代や30代でも薄毛に悩んでいる女性が最近急増しています。このような場合は頭皮や毛母細胞の老化が原因ではありません。では、いったい何が原因で抜け毛が増えてしまうのでしょうか。

 

原因の一つとして考えられるのが無理なダイエットです。女性はいつまでも綺麗でいたいですが、特に20代や30代の方はファッションや見た目を気にして無理なダイエットをしている方が少なくありません。

 

健康な髪を作るためには栄養が必要です。亜鉛、タンパク質が特に必要になります。しかし、無理なダイエットで食事制限等をすると、髪に必要な栄養が不足して抜け毛が増えたり髪が生えにくくなってしまうのです。

 

髪の毛が細くなった、髪の毛のコシが無くなってきたと感じたらそれは危険信号なのです。そのままダイエットを継続すると若年性脱毛症になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

食事制限などで栄養バランスが崩れると、ホルモンバランスにも影響を与えます。女性ホルモンには髪の成長期を長くして、丈夫な髪を作る働きがあるのですが、ホルモンバランスが乱れると成長期が短くなって髪が抜けやすくなり、休止期が長くなって髪が生えにくくなります。

 

若年性脱毛症に限らず女性の薄毛の事を最近では「FAGA(女性男性型脱毛症)」と言われており、女性特有のびまん性脱毛症の事を言います。

 

また、無理なダイエットはストレスにもなります。ストレスは血流を悪くして頭皮に栄養が届きにくくなり、髪の成長に影響を与えます。バランスのよい食事が健康な髪を育てるためには大切なのです。

 

20~30代の若い女性でも抜け毛が増えて薄毛になる可能性は十分にあります。そして、上記でその原因の1つとして無理なダイエットをあげましたが。実は他にもたくさん抜け毛や薄毛の原因はあります。

 

ですから、自分はダイエットをしていないから安心と言う訳では無く、髪の毛に少しでも異変を感じたら、早急に女性専門の薄毛治療クリニックに相談するようにしましょう。

 

女性 薄毛治療

更新履歴