MENU

医療機関での薄毛治療の種類

医療機関ではさまざまな女性の薄毛治療を受けることができます。ストレス、ホルモンバランス、食生活など薄毛の原因はいろいろとあるので、治療方法は検査やカウンセリングをして決めていきます。では、どんな治療を受けることができるのでしょうか。

 

医療機関で受けられる治療は大きく分けて3つあります。

 

1つめはハーグ療法です。ハーグ療法は再生医療を応用した最先端の薄毛治療方法です。ハーグカクテルというものを注射で頭皮に与えます。ハーグカクテルには成長因子が含まれており、これが育毛を促進します。認定を受けた医療機関でのみ受けることができます。

 

2つめは内服薬による治療です。養毛・発毛促進・抜け毛予防などの効果がある薬を飲んで治療します。漢方薬での治療もあります。男性とは違う女性特有の薄毛に使用されます。服用期間は半年から1年ほどです。

 

3つめは塗り薬による治療です。発毛成分が配合された育毛剤を薄毛が気になる部位に塗って使用します。毛を作っている毛母細胞に栄養を与える毛乳頭に頭皮から栄養を届けて発毛を促進します。2〜3か月ほどで効果が表れるといわれています。

 

これらの治療だけでなく、日常生活や食事にも気をつけることで大切です。医療機関では生活でのアドバイスももらえます。