MENU

医療機関で使われる育毛薬

女性の薄毛を改善するために手軽に使用できるのが育毛剤ですが、市販の育毛剤は医薬部外品や化粧品に分類されるため医薬品に比べて効果が低いです。高い効果を期待するなら医療機関を受診するとよいでしょう。医療機関では内服薬、外用薬、注射薬を使用して治療をします。

 

内服薬は飲んで抜け毛を予防していくものです。内服薬は男性の薄毛治療に使われるプロペプシアが一般的でしたが、女性は副作用が心配です。近年、女性のためにパントガールが登場しました。パントガールは女性の脱毛症や細くなった毛をケアします。その他には漢方薬があります。

 

漢方薬は自然のものだから安心できるという女性もいます。

 

外用薬は薄毛が気になる部位に塗って使用します。抜け毛を抑えるパントスチン、育毛を促すロゲインなどがあります。頭皮に直接塗って成分を効率的に届けることができます。

 

育毛剤も頭皮に塗る点では同じですが、医療機関で処方されるものは医薬品なので育毛剤に比べて効果が高いです。しかし、内服薬に比べると効果が表れるまでに時間がかかります。

 

注射薬は頭皮に育毛成分を注射する方法です。頭皮に直接届けるので早く効果が表れやすいです。内服薬や外用薬に比べると高価です。育毛メソセラピーなどに使われています。